投資

底堅くいくETFならLQD【高配当株投資】

こんな人におすすめの記事
  • 米国ETFで調べるとLQDって出てくるけど、どんなETF?
  • 株価が下がっている時に有利って本当?と思っている方
  • 現状としてどうなの?と思っている方

こんにちは!にゃーもち夫婦です。

夫猫
夫猫
記事担当の夫猫です
嫁猫
嫁猫
アイキャッチ担当の嫁猫です

「米国株ETF」「安定性」とかで調べると「LQD」ってでてきませんか?

LQDは米国高配当ETFでも、社債から構成されているため、株価が下落局面に強いと言われています。

米国株ほどではありませんが、高配当をたたき出してきています。

コロナの影響は確かに受けてはいますが、株式と比べるともとの水準に戻るまでがやはり早かったです。

夫猫
夫猫
株式が全面安になっているときに、心のよりどころとなっていました笑

ちなみに現在寂しい状態になったSPYDはこちら

米国高配当ETFを狙うならSPYDもアリ【高配当株投資】米国高配当を選んでいく中で、SPYDが良く見かけられると思います。実際にどんなETFなのかを解説しつつ、高配当株として持ち続けてもリスクが高すぎないのかを記事にしました。...

そして回復までまだ時間がかかりそうなHDVはこちら

バランスの良い米国ETFはHDV【高配当株投資】米国高配当株投資は良いけど、値動きが激しいものは出来るだけ避けたいなと思っていました。その中で、SPYDよりも安定的に保有できそうなHDVに行きつきました。HDVの特徴を踏まえて解説してみました。...

やはり株式下落局面に債券価格は上昇するというのは強いし、組み合わせて持っておくべきだと改めて強く感じました。

我が家は少額ではありますが、LQDを保有しています。

今回はLQDがどんなETFであり、どういった投資目標を持った人には向いているのかということを中心にお伝えできればと思っています。

そして、購入するのか、保有を続けるのか、解約していくのか、みなさんの判断材料になればと考えております。

この記事を読むメリット
  • LQDの基礎情報をポイントで押さえる
  • 自分の投資方針に適しているか考える材料となる

また、この記事に関しては私的見解も含まれます、投資判断は各自に帰属しますので、その点をご承知ください。

HDVの基礎情報

  • 運用会社 ブラックロック・ファンド・ アドバイザーズ (バンガードに次ぐ運用会社)
  • iBoxx 米ドル建てリキッド投資適格インデックスをインデックスとしている。(投資適格債1,000銘柄にドル建てで投資することが出来る)
  • 配当は毎月
夫猫
夫猫
投資に適した社債を少額で1,000銘柄購入することが出来るETFってことだね

年間配当の目安

  • 2020年9月26日現在の株価は134.22ドル
  • 2020年9月24日現在では配当利回りが3.16という状況
  • 1株あたりの配当は4.25ドル
夫猫
夫猫
社債で構成されているETFなのに、配当利回りがそこそこ高いETFだね

高配当の部類ですが、株式には劣ります。

ただ、株式が暴落した際のダメージ回復までは、株式よりも早くなる傾向があります。

投資セクター

2020年9月26日現在

順位 セクター 割合
1位 銀行業 24.21%
2位 非景気循環間消費 18.41%
3位 通信 12.43%
4位 テクノロジー 11.18%
5位 エネルギー 8.34%
夫猫
夫猫
このセクターの株式比率が高いポートフォリオを組んでいる場合、理論的には反対の動きをするので、併せ持つことで、リスクヘッジをすることが出来ると考えます。

もちろんノーダメージとはいかないので、あくまで、ポートフォリオのうちの1部として持つことを忘れないでいただきたいです。

最近の状況

ここまでのデータを見てくると、株式のダメージをあまり受けずに、そこそこの配当がもらえるからよさそう!と思われるかもしれません。

ですが、しっかりとコロナの影響を受けているため、少し前と比較すると現在はこんな感じです。

夫猫
夫猫
社債とはいえダメージはしっかり受けているね・・・

コロナショックで約20%程度下落したことになります。

ですが、現在はすでに元の水準に戻っていることを考えると、さすが債券という感じがします。

私が他に持っている米国株ETFはまだまだ元の水準には戻っていません。

夫猫
夫猫
株式はやはり上下の動きが激しいですね

ですが、一時的に20%程度下落しているので、自分の投資方針の許容の範囲内かよく考えて購入するということはやはり必要と考えられます。

以上をまとめると

  • 投資適格債1,000銘柄に投資ができるETF
  • 毎月分配が出るのがうれしい方は良いかも
  • 暴落時にも回復は株式に比べて早い
  • ただし、今回は20%程度下落したので、そのリスク許容度を取ることが出来るのかよく考えることは必要

LQDのまとめ

結論としては、自分のポートフォリオと相談して、少し比率を高く持とうかと考えています。

現状は元の水準に戻ってしまったので、また10%程度下落した時に大きく購入するのも良い手かと考えてたりします笑

もちろん個人の投資方針にはよると思いますので、リスクをとってでも高配当ETFを組み入れていきたいということであれば、今仕入れておくのは逆張りという意味で良いのかもしれません。

ですが、今後は株価が上がり続けてしまうということもゼロではないので、こういう相場があれている時こそ、今一度自分の投資方針を見つめなおすというのも良いかもしれません。

  • いつまでにどうしたいのか
  • 株でどういったことをしたいのか
  • いくらあればいいのか
  • いくら配当が入ればいいのか
  • いくらまでマイナスを許容できるのか

などなど基準は沢山あると思います。

相場の波に飲み込まれないように、羅針盤だけはしっかりと持っておくことが必要だと思います。

ちなみに我が家はSPYD・HDV・LQDを楽天証券で保有しています^^

投資信託を始めるなら楽天証券がおすすめ!【オススメ証券会社】投資信託をはじめるならどこがお得なのか?どこが使いやすいのか?そんな悩みを持っている方は「楽天証券」がおすすめです!特に楽天経済圏にいる方は便利にお得に利用できます!...

資産の把握はマネーフォワードで管理してます!

アプリで家計簿をつけてプチ豪華な生活をする!【マネーフォワードが最強!】家計簿をつけたいけど、面倒だなと思っていませんか?マネーフォワードというアプリにクレカとpayを連携させて、半自動的に家計簿を完成させる方法があります!これを機にちょっと豪華な生活が出来るかも。...

 

このブログがよかったらこちらを押していただけると嬉しいです! にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村